« TOEIC740点 | トップページ | scarab - メール »

2004.07.01

scarab - 日本語化1

 scarabは有志により、日本語のリソースバンドルが追加されている。ただし、DBのデータなんかはまだ日本語化されていないのか、英語のままになっている。英語は苦手なので無理やり日本語化してみる。

build.xmlに追加。

<!-- propertyを定義しているあたり。無理やり。 -->
<property file="${basedir}/../src/conf/classes/InitDbScarabBundle_ja.properties" />
<!-- filter token="ADMIN_USERNAME"あたり -->
<filter token="Defect" value="${Defect}"/>
<filter token="DefectDescription" value="${DefectDescription}"/>

scarab-default-data.sqlを修正

--@を追加。
insert into SCARAB_ISSUE_TYPE(ISSUE_TYPE_ID, NAME, DESCRIPTION, PARENT_ID, ISDEFAULT)
values(1, '@Defect@', '@DefectDescription@', 0, 1);

InitDbScarabBundle_jaで定義 → antで読み込む → sqlをコピーするときフィルタリングで置換、という流れ。こんな感じでInitDbScarabBundle_jaに定義しているもの全てを追加修正する。他にちゃんとしたやり方ありそうだなぁ。

apacheはscarabでなくてjira使いはじめているんだなぁ。時代遅れなのかなぁ。IssueZillaっていうBTSも面白そうだなぁ。

|

« TOEIC740点 | トップページ | scarab - メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19919/878655

この記事へのトラックバック一覧です: scarab - 日本語化1:

« TOEIC740点 | トップページ | scarab - メール »