« あんこう | トップページ | TOEICのアンケート »

2004.11.13

jcoverageで複数パス

Mavenでjcoverageプラグインを使用した場合の話。

Mavenではmaven.eclipse.classpath.includeでソースディレクトリを分けてくれるが、
このままだとjcoverageで失敗する。
想像だけど、ソースとしては1つのソースディレクトリしか見てないのに、
カバレージは全クラスに対して行われてしまうから。

jcoverage:html-report: jcoverage 1.0.4 copyright (c)2003 jcoverage ltd. http://jcoverage.com/ jcoverage is licensed under the GNU General Public License jcoverage comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY [copy] Copying 1 file to XXX\target\docs\jcoverage Generate report for XXX/target/jcoverage/coverage.xml file. OutputDir = XXX/target/docs/jcoverage java.io.FileNotFoundException: XXX\target\docs\jcoverage\XXX\package-frame.html (指定されたパスが見つかりません。)

jcoverageは複数ディレクトリに対応済み。
複数ソースディレクトリに対応する方法は、ここに書いてある。
なので、src/javaとsrc/java2と仮定すると、maven.xmlは、

<project xmlns:maven="jelly:maven" xmlns:ant="jelly:ant">
<preGoal name="jcoverage:html-report">
<ant:path id="my.other.src.dir" location="${basedir}/src/java2"/>
<maven:addPath id="maven.compile.src.set" refid="my.other.src.dir"/>
</preGoal>
</project>

となる。my.other.src.dirは一時変数。
実行すると、

jcoverage:html-report:
Overriding previous definition of reference to my.other.src.dir

などと表示され、成功する。

そいえばMaven1.0.1でたねぇ。

|

« あんこう | トップページ | TOEICのアンケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19919/1946672

この記事へのトラックバック一覧です: jcoverageで複数パス:

« あんこう | トップページ | TOEICのアンケート »