« 寿司ですし | トップページ | パケット代は高い »

2005.03.04

ポイントゲーム

ようやく明日終われば週末だ。
毎日のことながら、会社が嫌。
SESとして派遣された職場で、気の合う同僚などいない職場。

もっとも、自社にももう知ってる人などいないし、自分の机すら無く、
提出する作業実績と、届けられる給与明細だけが唯一のつながりだ。
それについても、何の感情も抱かなくなった。

新しく派遣される場所は恐い。
自分の評価がゼロからスタートだから恐い。
マイナスになるのが嫌だから、随分と消極的になる。

与えられた小さな仕事をこなしていき、なんとかポイント(=信頼)をためる。
はじめは慣れない仕事ばかりで、ポイントがなかなかたまらない。
(COBOLの解析だったり、Excelのレイアウト修正だったり……)

だんだんたまってくれば、それを使って得意な仕事をまわしてもらって、
ポイントを稼いでいけるはずだ。
しかしそのころには次の現場で、またゼロからなのだ。

変化も恐い。
新しい場所では、今までのやり方が通用しない。

変化の先には成長があるかも知れないが、
変化の前には失敗がつき物だ。
嘲笑に対する恐怖が、常に自分の中に存在している。

羞恥心を支払って知識を得るよりも、
時間を支払って自力で知識を探したほうが、自尊心は傷つかない。
でもそうやっているうちに、次の現場になる。

まずは現状を認めよう。
SESでいる限り、「こつこつと」は間違った戦略である。
たとえそれが自分の大好きな方法だとしても、だ。

ポイントは、羞恥心を支払って増やしておくべきだ。
聞くほうは恥ずかしいが、答えるほうは楽しいだろう。
こちらが弱点をさらけだすことで、相手は安心して
プロジェクトの欠点を教えてくれるかも知れない。

SESっていうのはきっと、恥をかく仕事なんだ。
知識を認め、教えを乞おう。
(たとえ似合わない茶髪野郎相手だったとしても)

ポイントを増やす方法はもう一つある。
「わかっているけど、やりたくないこと」をやるのだ。

それは「長期的には得するが、短期的には損すること」だろう。
「誰もがGoサインを待っていること」だろう。
やるのはいいが、失敗したときの責任をとりたくない。
だから誰かに言われるのを待っている。
そういうことを率先すること。

さっきから、恥をかけだとか、失敗しろだとか書いている。
ええ、たぶんそういうことです。

全部成功すれば万々歳だが、失敗は必ず存在する。
常に失敗していたらやる気も失せてくるが、常にうまくいく必要もない。
(プロ野球だって6割の試合に勝てばほぼ優勝じゃないの?知らないけど)

全体としてうまくいくようにすればいい。
株のポートフォリオと同じ。
失敗や恥であわてるのではなく、「想定内だな」とつぶやいてみよう。

まぁ最悪、全然うまくいかなくっても、
自分は実質派遣なんで。
元請さん、後はよろしく。

|

« 寿司ですし | トップページ | パケット代は高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19919/3162679

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントゲーム:

« 寿司ですし | トップページ | パケット代は高い »