« すき家とりそぼろ丼 | トップページ | 携帯棋譜ビューワー「soba」 »

2005.06.19

V802SH用の開発

ひさびさにVodafoneのページ見てたら、
2005/04/01くらいに3G端末向けのVアプリSDKが公開されていた。
ますます複雑になっていてよくわらからない……。

1) 3G端末と従来端末との違い。
 いろいろあるんだろうけれど、
 3GはMIDP2.0で、従来はMIDP1.0というのがわかり易い。
 もう従来の端末はいじれないのでMIDP2.0に専念します。

2) 3G端末の種類。
 2種類ある。
 Xは互換性を生かした国産タイプ、
 Sは世界標準のみの外国企業タイプ。

 ・3GC型端末(X)
  →VodafoveVFX仕様+JSCL1.2.2仕様
  →902SH,802SH,802N
・3GC型端末(S)
  →VodafoveVFX仕様
 →802SE,702NK,702MO,702sMO

3) 公開されたSDK
 ここにXのSDKがある。JDK1.4があれば動く。
 画面の高さなど変えられないのがつらい。
 Obfuscateできるのが便利。(proguardを別途使用)

4) 制限
 アプリゲットでダウンロードすると、おそらくUntrusted Domainとなる。
 (プロパティを見ると、「認証=なし」になっているし)
 Untrusted Domainだと、端末のファイルシステムが見えない。
 (Read User Data AccessはNG)
 よって携帯の中も、SDカードの中も見られない。
 
 HttpConnectionで何かデータ持ってこようとしても、
 決められたファイル(gifとかpngとか)以外はForbiddenで取得できない。
 偽装すればいいのかな?

4のせいでやりたいことがうまくできない。
偽装させるのは手間が面倒すぎる。
棋譜を見るアプリを作っているが、
とりあえずコンパイル時にデータを含ませて、
自分専用アプリとして使うことにする。

20050619.GIF

|

« すき家とりそぼろ丼 | トップページ | 携帯棋譜ビューワー「soba」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19919/4620546

この記事へのトラックバック一覧です: V802SH用の開発:

« すき家とりそぼろ丼 | トップページ | 携帯棋譜ビューワー「soba」 »