« 白焼き半額 | トップページ | DOSプロンプトのタイトル »

2005.08.24

db2フラグメンテーション

DB2で断片化されて遅くなった場合には、
Windowsでハードディスクのデフラグ(最適化)するように対処する。
Windowsでも最初に検査するけれど、それがREORGCHKだな。
実機も環境も無いので、合っているかわからんですねぇ。
特にREORGとRUNSTATSのパラメータがどれがいいのか不明。

(1) REORGCHK
REORGCHK UPDATE STATISTICS ON TABLE ALL (統計情報を更新)
REORGCHK CURRENT STATISTICS ON TABLE ALL (現在の統計情報)

(2) REORG
REORG TABLE schema.tablename (順序関係なし)
REORG TABLE schema.tablename INDEX schema.indexname (並べ替え)
REORG INDEXES ALL FOR TABLE schema.tablename (インデックス)

(3) RUNSTATS
RUNSTATS ON TABLE schema.table AND SAMPLED DETAILED INDEXES ALL (時間ないとき?)
RUNSTATS ON TABLE schema.table WITH DISTRIBUTION (普通はDISTRIBUTIONつけろと書いてあった)
RUNSTATS ON TABLE schema.table WITH DISTRIBUTION AND DETAILED INDEXES ALL (じゃ、これがいい?)

(4) REBIND
db2rbind dbname -l logfile.out ALL

-----

概要
http://www-6.ibm.com/jp/software/data/developer/pdchecklist/pf/sol2-1.html
http://www-6.ibm.com/jp/software/data/developer/column/iroha/07.html
http://www-6.ibm.com/jp/software/data/developer/column/iroha/37.html
ちょっと詳細
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/db2bestprac07/db2bestprac07_1.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/db2_06/db2_06b.html
関係ないけど移行ガイド
http://www-6.ibm.com/jp/software/data/developer/library/techdoc/db2migration.html

|

« 白焼き半額 | トップページ | DOSプロンプトのタイトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19919/5608619

この記事へのトラックバック一覧です: db2フラグメンテーション:

« 白焼き半額 | トップページ | DOSプロンプトのタイトル »